2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメ、ありがとう

ヒメが旅立ってから、一週間以上経ちました。
元気なトノと、わさびのおかげで悲しみが和らぎました。

久しぶりにこれまで撮ったヒメの写真を見ると、
自然に笑みがこぼれます^^
元気なヒメちゃんの姿、見ると元気が出るよ。

ちなみに妻を失ったトノのほうですが、まだ『ヒメちゃん、ヒメちゃん』
と連呼しております。自分の名前より、『ヒメちゃん』の方が断然多いのよね。笑
トノの記憶には、ヒメの姿が残っているんだろうなあ…
大好きだったもんね、ヒメのこと。

ヒメとの思い出を、まだブログにアップしていない画像を入れつつ
書き留めておこうとおもいます♪
更新さぼってたから、画像いっぱいあるわ~^^;



070727

tonohime1.jpg

070727


20070727212505.jpg


2007年7月27日
おうちにやってきたヒメ。まだちびちびだったね。
でも、トノより人懐っこくて、最初っから人に餌ねだってたのがヒメ
おとなになってからも、ヒメは人を全く怖がらない子だった


070729

070729

お迎え2日後の写真
ヒメはトノよりちょっと年上のようで、挿し餌もそんなに
ガツガツは食べなかったよね。



070731

070731


お迎え4日後の写真。
トノと一緒に育ったヒメ、ヒメをケースから出すと
トノがびーびー鳴いて
この頃は、おねえちゃんみたいな存在だったかな。
ケースの中でも、二羽はずーっとくっついて、
離れてたのはご飯のときだけ?ってぐらい仲良しちびーず



070731

070731

もぐるのが大好きな二羽のために、お手製のバードベッドを作ったら、
取り合いしてまではいってくれて
とくにヒメは、もぐるのが大好きだったし、大きくなって
このベッドに入れなくなっても、上に乗って遊んでくれてたね^^
今ではトノはビビリのためすっかりお蔵入りなベッドなのですけど…

そういえば、新しいおもちゃなど見るとまず遊ぶのがヒメで、
それを見たトノが安全だとわかったら一緒に遊んでいました。
本当に、姉と弟みたいね、あんたたち



070804

070804

8月4日、ケージデビューのヒメさん^^
まだ下にわらがひいてあって、止まり木も下一本。
くちばしが黒いところがまだひなっぴだわ


070908

070908

070908

新聞紙と扇風機が大好きなヒメさん♪
新聞でちっちゃい鶴を作ったら、ぶんぶん振り回しているヒメ。
私たち人間は拾う役。早く拾え!とばかりに急かすヒメ。
トノはすぐに飽きるのに、ヒメはずっと遊んでたね。
ケージの底の新聞もぼろぼろにしていたような・・・
とにかく、わさびに似て破壊魔なヒメでした。



20070817203300.jpg

200708172032594.jpg

200708172033002.jpg

20070817203258.jpg

200708172032592.jpg

ブランコは、トノが占領しててあまり乗せてもらえなかったヒメ^^;
カメラもトノが占領してしまってますね!
初めてケージに入ったので、とにかく暴れまわっている様子です。
ヒメはトノより出せ出せが激しかったなあ
開けようと手を見せただけで扉に張り付いていたもの。




080711

よく風邪ひくのもヒメだったわね。
っていうか、トノはひいたことなかったか

2度ほど病院に行ったヒメ、キャリーで安静にしている様子。



080915

080915

080915

080915

ぴっち姐さんみたいにアクロバティックで、
とっても活動的なヒメ。
トノは…見てるだけかい!
『何してんねんコイツ…』と横目で見てますね^^;



羽繕い

微妙な距離

きれいな青い羽のヒメちゃんは、


090215

080915

かじり木コーンは何本消費したかわかんないし


090325

090524

わさびのケージの上で飛び回ってどれだけわさびに怒られたか(笑)


080915

080915

ときには喧嘩もする二羽だけど


081231

081231

081231

同時に、とってもラブラブな二羽でもあり。






そんなヒメトノコンビ、まだまだ色んなことがいっぱいあったけど

どれも私にとって、かけがえのない宝物

男の子みたいでヒメ坊主って呼ばれてたヒメだけど、

ふたつの小さな命を最後まで守ったヒメは、立派なお母さん。

ありがと、ヒメ。大切なことを教わりました。




ヒメとの思い出はずっと生きています。

トノとわさびを、これからもお空から見守っていてね!





090215

ばいばい



| *ぴりからいんこ* | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒメ、永眠

昨日の晩、ヒメが亡くなりました。

ほんとうに突然で、今でも信じられません。
今もトノと一緒に大きな声でさえずっているように思えて・・・。
でも今はトノの声だけ。一緒にラブラブしてる姿ももう見られない。

原因は卵詰まりだと推測しています。
ちょうどその前の夜、急に気温が下がって、どこかでは雪が再来したりと
ニュースでも聞いていたので大丈夫かなと心配していました。
しかし、次の日の朝には元気な姿が見られて
餌もばらばら撒き散らしながら食べていたのに。
放鳥したらトノと追いかけっこして飛び回っていたのに。

その日は朝から出かけていて、帰るともう夜でした。
そして鳥ちゃんたちのケージを覗いてみると、ヒメは巣箱の中にこもっていて
トノはぴよぴよ騒いでいて、わさびはいつも通りで。

しかしいつもと違ったのは、どんなにトノが騒いでもヒメが出てこない。
いつもなら、『もう~うるさいなぁ』とばかりに出てきてるのに。
いつも以上に騒ぐトノ。嫌な予感がしました。
何度もヒメの名前を呼ぶ。きっと寝てるんだろう。すぐいつもみたいに
コトコト音を立てながらひょこっと顔を出すはず。

でも、その期待は裏切られ、一つの物音もしない。鳴き声もしない。
ただそこには巣箱があるだけのような…
私はなかなか巣箱を開けることができませんでした。
震える手で決心して中を見る。でもこのときにはまだ期待していました。
いつものような気の強いヒメの黄色い顔が『もう!のぞかないでよ!』って見られることを…

でもそこにあったのは硬直が始まった小さいヒメの体。
3つの卵を守って、横たわっていました。

その瞬間、もう震えがとまりませんでした。なぜ?あんなに元気だったのに…
よく見ると尾が少し痙攣するように動いていました。まだ生きている…!
何度も声をかけると、少しこちらを見ました。しかしもう呼吸するのも苦しいようですぐに目を瞑って…

とにかく、もうヒメには時間が残されていないことを悟りました。
そこで巣箱から取り出し、せめて温かいところにと思いキャリーにカイロを敷いてヒメを横たえる。
かすかに呼吸をしているヒメ。何度もヒメの名前を呼びました。涙が止まりませんでした。
すると目を開いて、数秒私の方に顔を向け、目が合いました。
その後、次第に目を閉じて息を引き取りました。

たった2歳。もうすぐ3歳になるヒメ。それがもうお別れだなんて…。
ここのところ、有精卵を抱いていたからずっと巣箱にこもりっきりだったヒメ。
だから異変にも気付くことができなくて…ごめんね。
もっと早く気付いていたら。そんな後悔があとからあとから沸いてきて。
でもどんなに後悔しても、ヒメは戻ってこない。

気が強くて、トノとはラブラブ夫婦のくせに喧嘩もよくして
かじるのが大好きで、わさびに次ぐ破壊魔で、好き嫌いも激しくて
おうちに来て1年ぐらいは、よく風邪ひいてママたちをびっくりさせたね。
でも、とってもおもしろかった。
ケージの扉を開けたらまず飛び出してくるのはいつもヒメ。
新しいおもちゃをあげたらまず飛びつくのもヒメ。
ひとしきり飛び回ったらパパの頭の上に、まるで自分の特等席みたいに居座ってたヒメ。
赤ちゃんのとき、端切れで作ったバードハウスにすっぽり収まっておねむしてたヒメ。
女の子なのに、男の子みたいな発情をして、トノに求愛してたヒメ。
トノとの追いかけっこに疲れて、みんなの手の上で羽繕いしてたヒメ。

そして、新しい命を守る母親のヒメ。
最後まで、頑張ったね。いいお母さんだったよ。

天国には、ヒメと同じように気が強い、ぴっちねえさんがいてるから寂しくないよ。
まだ会ったことはないけれど、仲良くね。

私たちの家に来てくれてありがとう、ヒメ。
ゆっくりおやすみ。












突然なのですが、少しブログを休止させていただきます。
過去記事や、プロフィールを見ただけでも涙が出てしまいそうで…
必ず更新を再開しますので、もしよければまた遊びにいらしてください。
気持ちの整理がついたころには、またいんこたちの
元気な姿がお見せできることと思います。

これまでぴりからいんこにご訪問下さった方々、
ヒメたちの記事を読んでくださった方々、
ヒメを可愛がって下さった方々、本当にありがとうございました。

またいつか、お会いできることを願います。






| *ぴりからいんこ* | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三度目の正直!

お久しぶりです!かりんです

今年初めての更新ですね(笑) ひとまず、明けましておめでとうございます

私も三羽のいんこsも元気にやっております。

ってこの決り文句、何回目でしょう。。






ともかく!去年はヒメトノの巣引きに初挑戦した記事と、

わさびの紹介で終わってしまっていたのですが、今春ヒメトノ宅に、巣箱を投入したのでした。

二度あることは三度ある なるか、 三度目の正直 なるか?!





巣箱投入!

<ひめ>ちょっとお!!またアタシの部屋が狭くなったじゃない!!
<との>粟穂おいし~な~





あくまでもアンタの部屋なんですよね。。

トノさんは食いしん坊なので巣箱なんてどうでもいいです。

食べれればいいんです。

これは、巣箱を入れてすぐの画像です。








初めてのときは慣れるまで何日もかかったのに、もうさすがに



「あ、またお前か」


ってな感じの反応でした(笑)






ヒメさんはもう すぐに巣箱の中に入っちゃって、すぐこもるように。

トノは・・歌いまくって食べまくって・・・いつも通りですね。

これが2月14日 バレンタインデーのことです。

それから10日が経った、2月24日のこと・・・







鼻血が?!




なんと、家に帰るとトノの鼻から大量の血が!!

よーく見ると、ヒメも負傷しているではありませんか。


喧嘩以外にこんなことは考えられないので、とりあえず二羽を隔離。

トノはすっかりびびっていて、ヒメからすっごい腰ひけてました^^;

ヒメが巣箱から出てくるだけで、もう端っこまで逃げちゃうの。

トノがヒメに交尾を迫るから、怒ったヒメが蝋膜ガブッ!!!ってところでしょうね。

痛いのか元気をなくしたトノさんは、キャリーの隅っこですっかりしょんぼりしちゃって。



・・・でも数時間後には『出せ出せ~!狭いんじゃコラァ!!』っとばかりに暴れ狂ってましたけどね(笑)

鳥さんの治癒力には驚かされますね、ほんとに。







一方ヒメはというと、やっと邪魔者が去ってホッとしたのか、

のびのびと羽繕いしたり、トノを見下ろしたり。なんなんだこいつは…

なんかもう、『1人でやるから、ほっといて!お前返ってくんな!』とばかりに

トノに向かって怒ったりとかしてます。。ほんとに、なんなんだこいつらは…

まあトノは、もう立ち直ったのか そのヒメの姿に発情してるんですけどね。






それからしばらくしてトノをヒメの近くにケージ越しに近づけると

二羽とも嘴で突き合い、今にも喧嘩しそうです…

っていうかこれはもう喧嘩ですね。トノも発情モードにならない。怒って嘴を当てるだけ。

たぶんヒメは卵を産んで気が立っていると思うので、もう少し別居させておくことに。

ヒメは一羽でもしっかり卵を温めています。これまでよりも巣箱にいる時間が長い気も…??










そして、それから13日が経った昨日。

二羽は相変わらずケージ越しでも喧嘩するので同居もできないし、

あんなにすぐに喧嘩を始めた二羽だから交尾も見られなかったので

巣箱の撤去を前々から考えていました。


どうせ無精卵だろうから、このまま巣箱ごと捨てようかな…と思ったのですが

まあ万が一有精卵だったらな~という軽い気持ちで3個あった卵を携帯のライトに当てたそのとき!!!
















・・・・・・・・・・・んん?!







この血管って、もしや?!?!








そう!なんと!

3個の卵のうち、2個に血管らしきものがあるのです!!



1個は、いつものように黄色で、確実に無精卵。

しかし、明らかにあとの2個は色も違うし、なんか動いてる??!!






もうパニックになった私は、卵割ったらアカン!冷えたらアカン!とそればかり頭を巡り

ちゃんと見ないまま慌てて巣箱に戻し、ヒメさんにもケージに返って頂きました。

それからはもう心臓バクバクでした。うそっ?だって、喧嘩しかしてなかったやん!!

いつの間にあんた・・・  やることはやって喧嘩したっていうのか?

でも完全にパニックだった私の目で見た卵だったので・・・見間違いという可能性もあるわけだし。




わさびのたまごを誤って割ってしまった経験があるので(無精卵ですけれど)、

ヒメの卵なんてもっとちっちゃくて、ちょっと力入れたら割れちゃいそうで。

とにかく、見たい気持ちははやりますが、日にち的に言えばもう少し経ってもし有精卵なら生まれるはず。

生まれなければ私の見間違いだったってこと。






でもそんな冷静でいられないよ~。

だって、不意打ちすぎるって、ヒメトノさんたち!!

なんでこんな、『無精卵だろう』ってときに??

でもあれは確かに、これまで見てきた卵とは違ったはず。もしかしたら命が宿っているのかも。











どうなるヒメトノ?!そして卵ちゃん!

孵化予定日まであと少しです!



また経過をブログにてご報告したいと思います!

もしよろしければ、またご訪問下さいね♪









にほんブログ村 鳥ブログへ


↑ひとまずおめでとう?!ヒメトノにぽちっ☆








| *ぴりからいんこ* | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。