PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とんでもないことが発覚…!!!

一昨日、実家から帰る途中に、三輪神社に初詣に寄って来ました

もう元旦から日が過ぎているというのに、凄い人人!!!


三輪さんは行くのは初めてでしたが…三が日だから仕方ないか…?
人は多くてもかなり広い神社なので、近所の神社の様にもみくちゃになることもなく。
ゆっくりと境内まで登っていくことが出来ました^^

その境内までがまた遠い!階段がそんなに無いだけ良かったけど♪
長い緩やかな坂を登って行くとこれまた広い境内が!

お賽銭もすぐ出来たし、結構良い神社でした。
でも、その境内までの道のりに、美味しそうな誘惑の屋台がかなり多いのでご注意下さい…
(誘惑に負けて、焼きとうもろこしを買ってもらった私。。。)


翌朝。

ジーパンがきつい...失望...orz




皆様もこんなことにならぬよう気をつけてくだされ...





20061227183916.jpg


焼きとうもろこし・・・・・・・・;

いかんいかん。思い出してしまった…(w_-;
「焼き」というより、コレは「温め」とうもろこしなんだろうが…



わさびを見て思い出しました…(TT)

わさびの発情問題、まだ解決していなかったのです~…



なんとわさび、帰宅すると次は真ん中の止まり木&壁掛け式の餌箱に、
無理矢理尾を上げてスリスリしていたのです…

というわけで、真ん中の止まり木撤去して。

わさびのケージには、止まり木1本、壁に掛けるタイプの餌箱&水入れしか入っていない状態になりました



なんてシンプルなケージ…それなのに…!!!!!!





次は、ケージの壁にこすっていた!!!!!!!!!!


これには絶望……だって、ケージの壁はどうやっても取り上げれないよ…

今も、アジの開きのようにぺったんこになってケージの壁に
「キュ…キュ…」なんて声を出しながらスリスリしてるわさび…



もう私知~らない…って言いたいよ……(T▽T)



姐さん…どうにか言ってやってよホント…





20070105131848.jpg


<ぴっち>ミドリさんにあたしの愛を…



姐さん!!!!!!!!!!


ミドリさんになんてことしてるんですか?!Σ( ̄ロ ̄|||


皆様、ぴっち姐さんはこんな鳥じゃありません!(たぶん)

誤解されないように。。。モザイクを一応しときましたが。。。


でも、過去のミドリさんの記事見てみると…

コレと同じ写真でモザイク無しが…(笑


でも、ブレまくってるから、モザイク入れる必要も無かったんですがねぇ(*≧m≦*)





食べすぎにはご注意を!

ぽちっとお願いします~
にほんブログ村 鳥ブログへ







そして、↑のも本題だったんだけど「本当の」本題を(遅い!)追記に。

お姐さんのことですが…大変なことが発覚してしまいました




ホントいきなりなんですが…!!!



お姐さん、卵詰まりじゃありませんでした

本当に、突然の発覚なんです!


tiga.jpg


12月30日の朝。ぴっちのプリケツお尻から、赤いモノが顔を出していました。

その日に記事に書けば良かったんですが、年末にこんなこと書いてビックリさせたくなかったので…;

元旦も避けさせていただきましたが…



別に赤いモノが出ていようが姐さん、いつも通り元気だったんですが
どう見ても、普通じゃこんなもの出てきやしない。

調べてみれば、脱腸なんてのも鳥にあるらしいじゃないか...
というわけで、前々から決めておいた病院に行くことになりました。
(去年、皆様に集めて頂いたデータ、とても役立ちました!ありがとうございます!




向ったのは、少し遠いかな?と心配していた病院だったんですが
道もスムーズに行けて、15分ぐらいで着いちゃいました。

その病院は、とっても綺麗で、小動物の飼い主様に特に信頼されている病院らしく
犬は私が見たところ1.2匹程度、小動物が一番多く、10匹程度いたでしょうか。
(もちろん、鳥さんもいました^^)



診察室に呼ばれ、病状を説明すると、まず驚いたのが、

ぴっちの病状を見るより先に、飼っている環境などを聞かれました。
これまで行っていた病院ではそんなことほとんど聞かれませんでした。

しかも、その病院に貼っていたカレンダーが、コザクラちゃんので…♪
って、脱線してしまいましたね


ケージの大きさを見ただけでcmを書いたり。鳥専門医なんじゃ?
ってぐらい、鳥さんに詳しくて。

聞かれるのも終わり、ぴっちを保定して至るところをさわり、
体重も測っていただきました。



するとここでも驚き!

ぴっちの体重は49gに減っていました!(≧∇≦)


といいましてもまだまだおデブ。

ダイエット宣告されるのか…とひやひやしていたら、
なんとまた驚いたのが、姐さんはおデブじゃないんやと…

???


わけもわからず聞く所、筋肉を触るととても痩せているそうな。


20070105140309.jpg


水色が筋肉で、尖ってるのが胸の骨の断面だと考えて下さい。

長年、卵を産むのに筋肉を費やしてしまい、どんどん磨り減っていってしまったらしいんです。

そう。姐さんは凄い数の卵を7年間の間に産んでしまい筋肉が痩せていってしまったんです。

(これも、丁寧に紙に書いて下さりました。)


でもビックリ。これまでの病院では太ってるって言われてたのに。





信頼できる病院が一つ見つかった!?と少しホッとしているのもつかの間。




「厄介なことになってるかもしれません」



え?!その時点でもうパニック寸前!!



この「厄介」というのは、ぴっちの赤い物体のことについてです。






まずぴっちのあの膨れたおなかは、卵じゃないんですって。


私は耳を疑いましたよ。。。だって、前の病院で明らかに卵詰まりって…
だから栄養剤もらってあげていたのに…


そしてまた絵を書いて説明していただいたところによると。

hare.jpg


注:左が頭です

オレンジの点線のところが、普通の鳥さんのおなかのラインであったら
ぴっちはかなりそのラインを越していると。
そのはれたお腹には、筋肉をつきやぶって出てきた腸らしいです。

なので、あのお尻から出てきた赤い物体は、腸かまたは膣なんだって。

なるほど…薄くなってしまった筋肉を破ってしまったんだ…
それであんなにお腹がはれて…



レントゲンも撮ってもらいました。

するとやはりそうであったらしいです。。。



こうなった原因は、ヘルニアによるものらしいです。



ぴっちがヘルニア・・・・?!


信じられない…!そして、砂ずりが、普通の鳥さんなら黄緑の点線のところだとしたら、ぴっちはかなり下の方に下がってしまっていると…


そして今回のレントゲンで発覚したのが、ヘルニアだけでなく、


ぴっちは発情異常だということです…!


普通の鳥さんは、レントゲンを撮ると骨の中ががらんどうになってるらしいのですが
発情異常の鳥さんは骨が真っ白らしいんです。

それがまさにぴっちだったの…



慢性的な発情異常なんだって…





guttari.jpg

いつもこうやってぐったりしていたのは、単に卵が詰まっているのではなく、
とても苦しくてぐったりとしんどいらしいんです…

もう、どこの病院もバラバラの診断で…混乱です…


でもレントゲンで、卵が詰まっていないことが分かりました。

その代わり、私からすると卵詰まり以上につらそうなヘルニア。



そして最も気をつけたいのが、発情を引き起こすカナリヤシードについてです。


その獣医さんにぴっちが、前の病院で「肥満だからカナリヤシードを抜いてください」
と言われていたことを伝えると、驚いたのが、

普通の健康な鳥さんにもカナリヤシードは実は与えないほうが良いそうなんです。


そもそも、鳥さんは粗食ですし、どうしても大自然に住む鳥さんよりは
運動不足になってしまいます。


肥満であろうが健康であろうが、カナリヤシードは与えない方が健康に育ち、発情も予防できると。

わさびの発情も、カナリヤシードやヒマワリなどの発情飼料が原因なんじゃ…
わさびまでも発情異常などという恐ろしい病気にはさせたくないです…



その発情異常の恐ろしい所は、完治しない…らしいんです…


発情を抑えることは出来るみたいなんです。注射で…

二週間に一度注射を打ちに病院に連れて行くことになってしまうそうです。
でも注射は、ぴっちにストレスだろうし…



そしてそのヘルニアを完治させるには、手術しか方法は無いと…
でもかなりの危険が伴うのでお勧めできないそうです。
手術しなくても頑張れるかな…ということです…



ぴっちは肝臓と心臓も膨張して悪くなっているそうです。
色々入ったお薬をもらい、投薬することになりました。




カナリヤシードが発情の原因であること。

健康な鳥にも与えないこと。




お願いなのですが、ぜひ皆様の鳥さんにも気をつけてやってほしいのです。
外見からは病気なんて分からない鳥さんのことですから、一番気をつけないといけないのが私たち。


とてもビックリしました。わさびも家に帰って早速出来るだけ粗食にしましたが…

やはりすぐには収まらない。気長にやっていくしか方法はないですね、鳥さんは。
でもわさびまでもそんな病気になったら、パニックで私が病気になりそう…(?)



来週の土曜日にまた来院する予定です。

それまでに注射をするかしないかの選択をしなければなりません。


投薬は一日2回。直接口に与えるので保定します。

ぴっちは毎回凄い勢いで逃げ回る…手を見ると、怖がるようになってしまいました。



でも、、、ぴっちに少しでも長生きしてもらわなきゃ!

怖がられても、嫌われても、病気を治すことが優先!



その発覚した日に書きたくなかった理由、本音でいくと、
病気の記事で年末の明るいムード壊したくなかったんです。

2006年最後に明るいコメントを頂いて、明るく返して。
普通にそう終わってよかったなぁ!と思ってます。


出来るだけ、今日の記事も前向きに明るく書けるように努力したつもりなのに。


皆さんも、暗いコメント書くのが辛いと思います...

私も暗い記事書くのもコメント読むのも辛いです。




ホント、長々とわけのわかんない記事を書いて申し訳ありませんでした;

今自分でも読み返すと意味不明・・・・



解読していただければ嬉しいなぁーと思います(^^;




最後ぐらいは、明るく前向きにいきましょう!!(なんじゃそりゃ!)



20070105143636.jpg


現在のぴっち姐さん。病院から帰ってきたその日は凄いぐったりして
明日にはもしかしたら…ってぐらいにしんどそうだったけど、

翌朝になると元気に鳴いてくれました

きっと、レントゲンや車でちょっと疲れただけだったんだよね。


その日からは順調に元気になってくれて、いつしか赤い物体も引っ込んだみたい。

相変わらず、ラブゲロは耐えないけれど…(^^;



お姐ちゃんはお姐ちゃんなりに行こうよー!

たとえ完治しない病気でも、ぴっちなら完治してくれるよね
(↑そ…それはさすがに無理…か…?)



お薬、まずそうに飲んでるから、きっとまずいんだろうけど…

お薬飲んだら、お姐パワーで治っちゃうよ!!!

お腹に元気印貼ってあるし!



ぴっちも、明るい言葉の方が嬉しいかな?



ぴっちは元気です。

ケージのぼりも絶好調。逆イナバウアーもお喋りも絶好調!


とっても重い病気が発覚しちゃったけど、笑顔が一番。



明日も元気な姿見せてね!

スポンサーサイト

| *ぴりからいんこ* | 14:43 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

がんばろう!

かりんちゃん、明るく新年の挨拶したいとこだけど、はじけられそうにないから、あんまり明るいコメントにならないかもしれないけど、許してね。

ぴっちゃんのこと心配だけど、でも、卵詰まりじゃなかたった!ってことがわかったのはとっても良かったんじゃないかな?って思います。
実は、結構気になってたの。
卵詰まったままいるのって良くないって聞いてたし、詰まったまま元気でいられるのかな?って思っていたから。
もしかしたら、卵じゃないんじゃないかな?なんて勝手に想像してりしてて。

それから、鳥のことをよくわかっている先生に診てもらえたことも良かったと思うし。
前向きに考えれば、ちゃんと原因がわかったってことがとっても良かったと思う。

発情を抑えるのって、難しいみたいですよね。
前に先生が言ってたのは、軽いストレスをかけてあげるといい。ってことです。
居心地がいいと、安心して卵を産んでいいんだ。って思うみたいで、ケージの場所を変えたり、なにかしら落ち着きすぎない状況になると多少は抑えられるようなことを言っていました。
・・・でも個体差もあると思うから、絶対に。とは言えないと思うのだけど。

注射で良くなるといってもかわいそうですよね。
注射打つとき、見ないほうがいいですよ。
私はmaiの時に言われました。
嫌な事されてるところを見ていると、一緒になって嫌なことをしてる。って思うみたいです。
だから、飼い主は見ない方がいいって言われました。

とっても心配だけど、まずはお薬で良くなってくれると信じましょう。
薬あげてると手が嫌いになるけど、またしばらくすればスキになってくれますよ!
飼い主のかりんちゃんが、治ると信じなくっちゃ!

カナリヤシード、あおの餌には入ってるので気をつけます。

なんだか、まとまりなく長くなってしまったけど、ぴっちゃん頑張ってね!

今年も、どうぞよろしくお願いします。

| ゆー | 2007/01/05 19:59 | URL |

驚きました!

カナリーシードは発情誘発飼料だったのですね。
我が家でもかに与えてる餌は,文鳥用混合飼料に
基本の稗,粟,黍のミックス飼料で,
カロリーの高いカナリーシードやごまは
割合としては少ないはずですが,
もっと減らした方がいいのかなあ。
幸い今まで一度も発情したことはないんですが
餌の見直しした方がいいかも知れませんね。
ぴっち姐さん,心配ですね。
よくなることを祈ってます。

| いずみん | 2007/01/05 20:19 | URL |

心配だね

ぴっちちゃん・・発情異常だったのか・・
おなかのことも、卵詰まりじゃなくてヘルニアだったのね
今回、いろいろと調べてくださる先生に出会えたことは
ぴっちちゃんにとってはよかったのですよね
記事よんでもう、びっくりして 私もなんだか混乱ぎみなのですが・・・
その弱ってしまったおなかの筋肉を なんとか強化することが
できたら、腸ももとどおりになるのかな
今は先生の言葉を信じて 治療に専念することが一番ですよね
辛いと思います 私もガッツをわしづかみにして毎日、薬を与えねば
ならなかったころがあり、そのおかげでいまだにガッツは
人の手を少し怖がるから・・・
ガッツ自信辛かったろうし、私も辛かったから・・・・
 遠くからでなにもできませんが、かりんさんと一緒にぴっちゃんのこと
応援していますよ!!!!
 がんばれ!!ぴっちゃん ♪

| ekoeko | 2007/01/05 22:30 | URL |

大変だ!

それは大変だ!
でもとりあえずしっかりした病院みたいでよかったです。
イラストで説明してもらってわかりやすいです。
体重があるのはお尻の丸まって飛び出た?部分の分かしら・・・
胸の筋肉は落ちてるって事ですよね。
完治は手術しかないみたいですが、少しでも良くなり症状が落ち着くといいですよね。

| くーしゃん | 2007/01/05 23:12 | URL | ≫ EDIT

ちょっと遅れたので挨拶だけさせてください
あけましておめでとう、今年もヨロシクお願いします!

ところでゆーさんも言ってましたが
私もずっと気になってました、ぴっちちゃんのこと。
表現が悪かったらごめんなさい。
卵詰まりってここまで長期にわたって続くことはないんじゃないか
って素人ながら考えていました

でもきちんと診てもらえるお医者さんを見つけられてよかったね
かりんさんの文章を読んでいると
かなりいろいろ細かく診察してくれるし、説明してくれる
とてもいいお医者様だとお見受けしました

真実が分かっただけでも本当によかった
レントゲンは嘘をつかないと思うしぴっちちゃんの現状を
しっかり把握してお世話できるね
少しでも良い方へ前進できますように!
遠い空の下から精一杯応援してます 

| はな | 2007/01/06 08:31 | URL |

ゆーちゃんへ

ごめんね!いきなり、こんな記事で…
明るい記事のときには、もし良ければ新年の挨拶してもらえれば嬉しいです。

そうですね。卵詰まりって、本当に辛そうだし、
ぴっち自体もすっきりしないだろうし。本当の病名がわかってよかったよ。
詰まっていたら、鳥さんはだんだん弱っていくみたいで…
ぴっちは生命力が強いのか、これまで「もう死にます」と言われたこともあったけど
こんなに長く生きてくれた。。。今回も、きっと大丈夫だよね!!

そうなんです。やっぱり前の獣医はヤブだったんだーなんて;
原因、これまで分かった病気がほとんどなくて、心配に心配がどんどん
重なっていく形だったけど、今回は違うよね!
原因さえ分かれば、こっちのもの!病気なんて、吹き飛ばせるよ。

発情抑えるのは、やっぱり本当に大変ですよね...
ケージの場所を変えたものの、わさびはすぐ慣れちゃったし…
ストレスをかけるのも、飼い主からするとこれまた難しい。でも発情異常なんて起こってほしくないし・・・

注射、本当に迷います。かなり高額みたいだし。あんな小さな動物に針を刺すなんて…
鳥にとっちゃ、太い針なんだろうなぁ・・・もし、注射することになったら、
「見ない」ことを思い出すようにします。

いつもいつも応援してくれて、ありがとうね。なんか励まされてばっかで…
こちらこそ、よろしくね!!!

| かりん | 2007/01/06 16:27 | URL |

いずみんさんへ

そうなんです!主に、セキセイの繁殖にも使われますし。
普通、鳥さんはヒエをベースに、キビとアワを混ぜた餌だけで良いそうなんです。
カナリヤシードは、売っている餌に入っているけど、実は発情飼料。
文鳥の餌にも、カナリヤシードが入っているんですね!
てっきり、小さい鳥の餌には入ってないんだと思ってた;
なんとオカメやコザクラの餌には、麻の実・サフラワ・ヒマワリが大量に入っているんです…
だからわさびにやる餌はセキセイ用をあげていたんですが…
エゴマやらなにやら、カラフルなので、結局ぴっちの同じヘルシーな餌にしました。
もかちゃんは、まだ発情してないんですね!
うちのわさびは・・・もっと前からこの事実を知ってればよかった・・・
ヒマワリとかカナリヤシード結構あげてたので…今から抑えれるかな~?

| かりん | 2007/01/06 16:31 | URL |

ekoekoさんへ

そうだったんです…ホントに衝撃の事実…
まさか、発情異常やヘルニアだなんて思ってなかったもん…
そうそう、病院も信頼出来るし、ぴっちもよくなるといいんだけど。。
ごめんね、ほんとに混乱させちゃって…私もどれを信じて良いのか
パニック寸前だったけど、信頼できる獣医さんに救ってもらいました。
やっぱり、これ以上卵を産ませない・発情させないのが
発情異常の防止に繋がるのかもしれないね。
ガッツちゃんも、辛い投薬をしていたんだね…
ぴっちもきっと、手を怖がるようになっちゃうんだろうな。
でも、やっぱり病気治すことが優先だし、投薬を乗り越えなきゃ、
治らない!辛いけど、我慢してもらうしかないし、私も我慢するしかない。
またekoekoさんに励まされちゃいましたね。。。いつもいつもごめんね。

| かりん | 2007/01/06 16:38 | URL |

くーしゃんさんへ

以前の病院とは比べものにならないほど良かったです。
なぜ前ここに来なかったんだろう…;
イラスト、ホントに自分でもなんて下手くそなの…と失望…
特に二枚目、どっちが顔か一瞬わかんなかった…
たぶん、お尻のあのぽっこりの部分なんでしょうね。
手術しかないけど、やっぱり手術はしたくない。。。
今の状態じゃ辛そうだし。少しでもよくなるように頑張りたいです。

| かりん | 2007/01/06 16:42 | URL |

はなさんへ

はなさん、明けましておめでとう!
こちらこそ、よろしくね~!(いきなり挨拶し辛くてごめんね…!)

はなさんも、気になられてたんですね。
確かに、卵詰まりだったら何年も続いて元気なわけないですよね。
疑わなかった私、ほんとダメな飼い主。

以前の病院の対応には、涙流れそうだったし。。。
ちゃんと小動物に信頼されている病院だと鳥さんに詳しい獣医さんもいるもんだね。
これからは、ちゃんとこの病院で診てもらうことにします。

レントゲンまで撮って、卵がないと発覚したわけだし、
発情異常も発覚。複雑~な気持ちだけど、とにかくよかったのかな。
これまであやふやなぴっちの症状だったけどわかって本当によかったんだね。
はなさんの言葉に、また勇気付けられました!!
応援ありがとう!

| かりん | 2007/01/06 16:47 | URL |

遅ればせながら・・・

いま記事を読んで驚いています。
大変な事になってたんですね。 お気持ちすごく分かります。
と、いうのは、ウチのゴンも病院に連れて行った時に、同じような事を
言われたからです。

発情異常で年間の排卵回数が普通の鳥よりも多くなると
栄養を蓄える暇がないので、自分の体を削ってしまうんですってね。
ゴンは骨粗しょう症になって、着地で骨折してしまったんです。

ゆーさんがおっしゃるように、居心地がよく、ほどよい温かさがあると
発情するらしいので、ほんの少しだけストレスを与えてあげると
いいみたいですよ。
ケージを人通りが多い位置に変えて、ちょっと落ち着かない状況を
作るとか、柔らかい物に触れさせないとか、背中から話し掛けるのも
よくないらしいですよ。(私はよくやってた・・・)
あとは夜になったら真っ暗(薄暗くてもダメらしい)にしてやると
少しは抑えられるみたいですね。
ゴンは今のところ大丈夫みたいです。

いずれにしても、愛情がたっぷりなのが発情を誘ってるらしいので
愛するインコちゃんたちに長生きしてもらうためには、少し冷たく
接していかなければいけないのかも?(汗)
わさびちゃんもこの機会に抑えられるといいですね。
一緒に乗り越えましょう。

| Gon | 2007/01/07 14:22 | URL | ≫ EDIT

Gonさんへ

えっ!ゴンちゃんも同じ様に言われたんですか?
ゴンちゃんも発情異常だったんだ・・・ぴっちはこれまでに30個は産んでると思います…
ブログ始めて産んだことはないけれど、4、5歳ごろまではしょっちゅう産んでいたと思います。
なのに急にぷっつり産卵しなくなって、だから卵詰まりと疑われたのかなと。
それまでの産卵に、沢山体力も筋肉も使っちゃったんだね。。。

うちの二羽は、窓際でヒーターも無い、しかもリビングなので人通りも多い、
結構過酷?な環境のはずなのに…うーん。もう少し考えないと。
柔らかいものに触れさせないのも必要だったんですね。
わさびは、柔らかいものより硬いものの方が好きですが、よく布の上もよちよち歩くし。
背中は触ってはいけないみたいですよね。ぴっちはその前に触れない(^^;

ゴンちゃんも大変なんだね。
うちのぴっち&わさびと一緒に頑張ろう!一緒に頑張れたら心強いしね。

| かりん | 2007/01/08 16:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pititokura.blog43.fc2.com/tb.php/245-102ed309

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。