PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメ、永眠

昨日の晩、ヒメが亡くなりました。

ほんとうに突然で、今でも信じられません。
今もトノと一緒に大きな声でさえずっているように思えて・・・。
でも今はトノの声だけ。一緒にラブラブしてる姿ももう見られない。

原因は卵詰まりだと推測しています。
ちょうどその前の夜、急に気温が下がって、どこかでは雪が再来したりと
ニュースでも聞いていたので大丈夫かなと心配していました。
しかし、次の日の朝には元気な姿が見られて
餌もばらばら撒き散らしながら食べていたのに。
放鳥したらトノと追いかけっこして飛び回っていたのに。

その日は朝から出かけていて、帰るともう夜でした。
そして鳥ちゃんたちのケージを覗いてみると、ヒメは巣箱の中にこもっていて
トノはぴよぴよ騒いでいて、わさびはいつも通りで。

しかしいつもと違ったのは、どんなにトノが騒いでもヒメが出てこない。
いつもなら、『もう~うるさいなぁ』とばかりに出てきてるのに。
いつも以上に騒ぐトノ。嫌な予感がしました。
何度もヒメの名前を呼ぶ。きっと寝てるんだろう。すぐいつもみたいに
コトコト音を立てながらひょこっと顔を出すはず。

でも、その期待は裏切られ、一つの物音もしない。鳴き声もしない。
ただそこには巣箱があるだけのような…
私はなかなか巣箱を開けることができませんでした。
震える手で決心して中を見る。でもこのときにはまだ期待していました。
いつものような気の強いヒメの黄色い顔が『もう!のぞかないでよ!』って見られることを…

でもそこにあったのは硬直が始まった小さいヒメの体。
3つの卵を守って、横たわっていました。

その瞬間、もう震えがとまりませんでした。なぜ?あんなに元気だったのに…
よく見ると尾が少し痙攣するように動いていました。まだ生きている…!
何度も声をかけると、少しこちらを見ました。しかしもう呼吸するのも苦しいようですぐに目を瞑って…

とにかく、もうヒメには時間が残されていないことを悟りました。
そこで巣箱から取り出し、せめて温かいところにと思いキャリーにカイロを敷いてヒメを横たえる。
かすかに呼吸をしているヒメ。何度もヒメの名前を呼びました。涙が止まりませんでした。
すると目を開いて、数秒私の方に顔を向け、目が合いました。
その後、次第に目を閉じて息を引き取りました。

たった2歳。もうすぐ3歳になるヒメ。それがもうお別れだなんて…。
ここのところ、有精卵を抱いていたからずっと巣箱にこもりっきりだったヒメ。
だから異変にも気付くことができなくて…ごめんね。
もっと早く気付いていたら。そんな後悔があとからあとから沸いてきて。
でもどんなに後悔しても、ヒメは戻ってこない。

気が強くて、トノとはラブラブ夫婦のくせに喧嘩もよくして
かじるのが大好きで、わさびに次ぐ破壊魔で、好き嫌いも激しくて
おうちに来て1年ぐらいは、よく風邪ひいてママたちをびっくりさせたね。
でも、とってもおもしろかった。
ケージの扉を開けたらまず飛び出してくるのはいつもヒメ。
新しいおもちゃをあげたらまず飛びつくのもヒメ。
ひとしきり飛び回ったらパパの頭の上に、まるで自分の特等席みたいに居座ってたヒメ。
赤ちゃんのとき、端切れで作ったバードハウスにすっぽり収まっておねむしてたヒメ。
女の子なのに、男の子みたいな発情をして、トノに求愛してたヒメ。
トノとの追いかけっこに疲れて、みんなの手の上で羽繕いしてたヒメ。

そして、新しい命を守る母親のヒメ。
最後まで、頑張ったね。いいお母さんだったよ。

天国には、ヒメと同じように気が強い、ぴっちねえさんがいてるから寂しくないよ。
まだ会ったことはないけれど、仲良くね。

私たちの家に来てくれてありがとう、ヒメ。
ゆっくりおやすみ。












突然なのですが、少しブログを休止させていただきます。
過去記事や、プロフィールを見ただけでも涙が出てしまいそうで…
必ず更新を再開しますので、もしよければまた遊びにいらしてください。
気持ちの整理がついたころには、またいんこたちの
元気な姿がお見せできることと思います。

これまでぴりからいんこにご訪問下さった方々、
ヒメたちの記事を読んでくださった方々、
ヒメを可愛がって下さった方々、本当にありがとうございました。

またいつか、お会いできることを願います。






スポンサーサイト

| *ぴりからいんこ* | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pititokura.blog43.fc2.com/tb.php/386-89b1b2e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。